本文へスキップ

げんめい行政書士事務所はを市民法務を専門ととして、身近な法的事務サポートサービスをご提供します。

TEL. 048-577-3615

〒366-0818 埼玉県深谷市萱場243番地3

遺言書

遺言書とは

遺言については自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言が一般的に活用されています。遺言を作成の目的は「相続に備える」ということに尽きます。相続人がいない、特定の推定相続人に相続させたくないといった事情がある場合に遺言の威力が発揮されます。
また、遺言書作成することにより今までご自身の歴史を振り返ることができます。


1.遺言書とは
遺言を作成することの意義は以下のようになると思われます。
@残される家族へ意思を伝える
A特定の人物に遺産を残したい、寄付をしたいなどの遺志の実現

遺言というと縁起でもない、そのようなイメージを持たれるのが普通と思われます。遺言によって遺産分割がスムーズにいく、という知識を持った人であれば「ウチにはそんな財産ないから…」とほとんどの方がこの様に応えます。しかしながら自分の努力なくして財産が増える機会があれば少しでも多く取り分を確保したい、というのが人情です。その感情が基で相続がこじれるケースが少なくありません。それが相続ならぬ「争族」の始まりです。場数を踏んだ専門家ほど「もめない相続はない」といいます。
遺言は「争族防止」の一手段としての性格を有します。すなわち、遺言が有効であれば相続人全員の同意がない限り遺言執行者の権限によって遺言通りの相続が実現されます。

遺言書とは以下の形式を一般的に活用されています。

 通常は自筆証書遺言または公正証書遺言が作成されます。
 個人的な意見としては、より正確で保存が安全な公正証書遺言の作成をお勧めします。


          <<遺言書に戻る   次ページへ移動>>
 

                                    遺言書に戻る
                                    取扱業務に戻る

バナースペース

げんめい行政書士事務所

〒366-0818
埼玉県深谷市萱場243番地3

TEL 048-577-3615
FAX 048-577-3616
info@genmeisolicitor.com
  



フェイスブック
ブログ

行政書士ブログ